ポルシェ

718ケイマンと718ボクスターの違い

ポルシェ

718ケイマン(素PDK)のオイル交換の代車で、718ボクスター(素PDK)を借りたので、比較レビューを書いてみました。

実際に乗ってみての感想は、

・ボクスターの方が乗り心地が良い(気がする)。
・ボクスターの方がうるさく感じない(気がする)。
・ボクスターの方が適度にボディが撓むのか運転しやすい。
・でもやっぱりハードトップのケイマンの方が好き!

といったかんじです。

このように感じた理由を話していきます。

代車のボクスターは素のPDK仕様で、20インチホイールを履いていました。
やっぱり20インチは、カッコはいいですね。

PASMは無しだったので一体どんな乗り心地になるのかと思いきや、
自分の19インチを履いているケイマンより脚がしなやか。

ボクスターは走行距離があまり走っていないのと、まだ新しいためかもしれません。
あるいは、ボディの違いによるものかもしれません。

ケイマンのエンジン音はかなりうるさい感じですが、
ボクスターはそこまでうるさく感じません。

どちらもスポーツエグゾーストが付いているので同じはずですが、
幌で音が抜けてしまっているのかもしれません。
ケイマンは室内で反響しているのかもと感じました。

ボクスターは、幌を開けて走っていると、
すごく一体感を感じて、特にコーナリングで乗りやすく感じました。
適度にボディが撓んで、脚の動きがよく分かる感じと言ったらいいのかもしれません。

ケイマンだとどこに限界があるのかよくわからない感じですが、それがつかみやすくなる感じです。
ケイマンの方がハードトップでボディがしっかりしているので、限界が高いのかもしれません。

この辺りは好みだと思いますが、
僕はボクスターの方が好ましく感じました。

乗ってて心穏やかに楽しめる感じです。
ケイマンだと段々と目が三角になって、真剣になって行ってしまう感じです。

ボクスターはかなり好ましく感じましたが、

やはり青空駐車の身には、幌だと心配です。

ボクスターは、真夏の青空の下で運転したので
幌を開けるのは、5分が限界、、。

ウルトラマンよりはマシですが、ほとんど同じくらいの時間しかオープン変身できない感じでした。

でも開けた時の楽しさは格別ですね。
そのためだけでも、次に買うのだったらボクスターも有りかなーと思いました。

718ボクスターと718ケイマン
どちらも運転が好きな人には良い車だと思いますよ。