ポルシェ

718ケイマンGTS4.0 MTと素の718ケイマン PDK

先日、久々にポルシェセンターに行って来ました。

718ケイマンGTS4.0 MTが試乗車にあったので、試乗してみました。

GTS4.0 は評判通り乗り心地が良く、エンジンはスムーズに良く回りました。

しかし、僕としては日常、普段使いで毎日乗ると言う点から評価しますので、ちょっと他の人と評価が異なると思います。

まず、街乗りで試乗した感じでは、素の718ケイマン PDKに比べて車が重く感じました。
4Lもあるのに、エンジンのパンチが足りない感じです。
街乗りで使える領域だと素のケイマンの方が力がある感じで、なおかつ車両の重量が軽くて軽快に走れる感じです。
では、自慢の4L 6気筒エンジンを回せば良いのですが、すぐに速度違反になってしまうので使えませんでした。

たぶん、サーキットとか思い切り回せるところに行けばいいのだろうと思いますが、普段はとても使い切れない感じでしたね。
確かにスムーズで良いエンジンと思いますが、自動車評論家の方々が言うほど良い感じはしませんでした。
自動車評論家の方は、サーキットで思い切り走らせて評価した印象を優先していると思います。
(それと、ポルシェで4気筒エンジンの方が良いなんて言うと、自動車評論家としてはアホだと思われる可能性大ですしね。)

後で仕様を確認したら、GTS4.0 は素のケイマン、ボクスターに比較して50kgほど重いのですね。
4Lもあるのですから、仕方無いですね。

それと、
エンジンの出力特性を比較したところ2Lターボの素のケイマン(素のボクスター)は最大トルク380Nmが2,000rpm手前から出ているのですが、GTS4.0 (データが無かったので718GT4のもので比較)の4L NAエンジンで380Nmが出るのは4,000rpmからなのですね。

この4Lエンジンは5,000rpmくらいからが美味しい感じなのですが、その5,000rpm以上は、一般道では速度的に使える領域では無かったです。

日本の自動車評論家は、何らかの大人の事情でもあるんでしょうかね???
なぜか揃って皆さん大絶賛です。
僕がおかしいのでしょうか。

やっぱり違うと思って、Googleさんに相談していたところ僕と同じ意見がありました。
718の4Lエンジン MT搭載モデルは、ギヤ比が合っていない↓
https://www.autocar.jp/post/500710/4

通常の718のMTギアを使ってたのですね。コストダウンのためには仕方無いことでしょうね。
(ちゃんとしたギヤ比にしたら、911の性能を超える部分が出てマズいのかもしれません。)

ということで、僕の結論です。

街乗りなら素のケイマン、もし、サーキットに行く用ならGTS4.0  MT。
(でも速さを求めるなら4L化される前のGTS 2.5L 4気筒ターボPDKの方が速いようにも思います。)

となると街乗り最強は、旧型981か?
しかし、最新が最良なのでは?
中古しか手に入らないし、カーナビがクラリオンのはちょっとなぁ。
どうせ6気筒なら992型の911に行くか?
いかん。ポルシェの思う壺だ!
やっぱり街乗り用は、今の素ケイマンでいいじゃん。

またグルグルと妄想が続くのでした。。。

あ、書き忘れました。
718GTS4.0  MTは普段使いせずに、ガレージに置いて眺めて、たまに乗ってポルシェ談義する用なら最強だと思います。

追記です→海外でGTS4.0 のPDK仕様が出たようです。
試乗記によるとMT6段、PDK7段であるため、1-5速のギヤ比が低いようです。
PDKと合わせて乗れば最強になるかもしれません。
https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17420705

GTS4.0 に付いていたPCCBのレビューはこちらから