未分類

最高の水切り

不動産関係の会社で働く息子が、「俺も記事を書きたい!」と言ってきました。
時々、彼の記事を掲載していきます。

以下、息子が書いた記事になります。よろしければご覧ください。

あなたの家ではどのような水切りを使っていますか?

おそらくほとんどの家庭でスペースを取るプラスチックで出来ているタイプの水切りを使っていると思います。

キッチンの広い家であればそれでも問題ないでしょう。

しかし、キッチンがあまり広くない家だと死活問題です。
スペースをとる水切りのせいで調理スペースがほとんど確保できなくなります。

また、狭い水切りは片付けや取り出しが大変でストレスになります。

そんなときにオススメなのがこの水切りラックです。

実際に、私の家でもこの水切りラックを使っています。

この水切りラックのすごいところを紹介していきます。

まな板立て、箸立て、包丁立てが付いている。
まな板、橋、包丁を他の食器と別のところに干せるのは個人的にポイントが高いです。
取り出しや片付けが楽ですからね。

キッチンの大きさに合わせて長さが変えられる。
60.5㎝~105㎝の間で長さが変更できます。
これだけ自由がきくと設置場所が限定されないのが強みですね。

スペースを全く取らない。
長い4本の足で水道の蛇口の上をまたぐように設置できるため、従来の水切りより断然スペースを使いません。

片付けや取り出しが楽
1つ目と多少内容が重複してしまいますが、
まな板、橋、包丁を他の食器と別のところに干せることや
従来の水切りに比べ、水切りラック自体のサイズが大きく、長方形の形をしていることから片付けや取り出しが楽です。

4本の足に吸盤がつけられる
付属の吸盤が4つ付いていて地震などで食器が割れる心配も減ります。横揺れやガタツキも解消。安定感も抜群です。

デザインがかっこいい
プラスチックで出来ていて、食器がごちゃごちゃ置かれている水切り
スチールで出来ていて、食器がきれいに置かれている水切り
どちらがあなたの部屋に似合いますか?

まとめ
従来の水切りと比べると値段はかなり高いですが、値段に合ったパフォーマンスを提供してくれます。
お値段なりです。