Eクラス(S213)

パーキングブレーキのスイッチはどこにあるの? E220d(S213)

ぼくのEクラス ステーションワゴン(E220d)アバンギャルドスポーツ(S213)2018年式について書いています。

E220dのパーキングブレーキ、数か月乗った後で気づきました。
動作スイッチどこにあるの?

なぜ気付かなかったかと言うと、自動(電動パーキングブレーキ)だからです。
ATのポジションをPにしてドアを開けたり、エンジンを停止させると自動で効くようになっています。

また、ATのポジションををPからD、またはRに入れると解除されます。
自動って便利ですね。

でもある日思ったのです。
ブレーキ壊れた時などにマニュアルで操作できないと、いかんのでは?

探しました。
ハンドル右側の下にスイッチがありました。

効かせる時はスイッチを押します。
解除は引くです。
なんとなく自分の感覚とは逆ですね。

ブレーキが壊れた時の緊急時には、スイッチを押し続けるとよいそうです。
一応、マニュアルで確認しました。

以下、マニュアルからです。
それ以外にも、ATのポジションがPにあり、以下の場合のいずれかの条件で電動パーキングブレーキが作動します。
・エンジンが停止している
・シートベルトのプレートが差し込まれておらず、運転席ドアが開いている。

また、以下の状況でも電動パーキングブレーキが作動します。
・レーダークルーズコントロール(アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック)を使っていて車両が停止状態である。
・ブレーキホールド機能で車両が停止時
・アクティブパーキングアシストにより車両が停止時

てな感じの動作だそうです。

電動パーキングブレーキが効いているときは、メーターパネル内に赤い丸P印が点灯します。

ATのポジションがRの時は、テールゲートが閉じていないと電動パーキングブレーキが解除されないとあります。

やったことないので、本当にそうなのかな。
まあ、さすがの安全設計ですね。