自動車

テスラとは?

「テスラ」という自動車会社をご存知でしょうか。

日本ではあまり馴染みがないと思いますが、アメリカの町ではテスラの車がたくさん走っています。

まず、テスラを語るには前提知識として世界でどのようなことが起こっているかを理解する必要があるので、その説明をしていきます。

年々森林が減っている一方で、CO2の排出量は増えています。
その結果、地球温暖化が深刻化しているのが現状です。
だいぶ前から地球温暖化に対して声を上げる人はいましたが、当時はそこまで深刻に考えていない人がほとんどでした。
しかし、近年各国の政府は地球温暖化の深刻さに気がつき、その対策としてさまざまな規制や取り組みを行なっています。

その一つが自動車のEV(電気自動車)化です。

EVはガソリン車とは異なり、排気ガスとしてCO2を排出しないので、地球温暖化の対策になるとされています。
専門家によれば、2050年には世界の約90%の車がEVになると言われています。

この知識を頭に入れたうえで、次にテスラについて説明していきます。

テスラとは
テスラはアメリカのシリコンバレーを拠点に展開する自動車会社で、主に販売しているのはEVです。2020年現在のテスラの規模はまだそこまで大きくはないですが、年々拡大していることは事実です。

最初に説明したように世界はEV化を促進する流れになっています
そのためEVをメインに扱っているテスラは次の自動車産業の覇権を握るであろうと言われています。

EVにシフトしようとしている自動車会社はいくつかありますが、どれも完全にEVにシフトはできておらず、テスラに遅れをとっており、やはりEVに関してはテスラが一歩先を行っているのが現状です。

テスラは自動車販売以外にも力を入れていることがあります。

それはロボタクシーの普及です。
ロボタクシーとは文字通り、完全自動運転技術によってタクシードライバーを必要とせず、無人で走行するタクシーのことです。
タクシードライバーを必要とする従来のタクシーは運賃のほとんどが人件費です。
しかし、ロボタクシーには人件費がかからないので、その分運賃が安くなります。
ロボタクシーが完全に普及した際には電車に乗るよりもロボタクシーに乗るほうが安く移動できると言われています。

また、上記からわかるように、「テスラ」は同業他社より、一歩先の未来を見て率先して行動することから、投資家からの注目も集めています。
ロボタクシーが実用化したら「移動」にまさしく「革命」が起こりますね。
今後もテスラから目を離せません。

テスラ公式HPのリンクを貼っておくので興味を持った方は是非チェックしてみてください。↓
https://www.tesla.com/ja_jp