お金

断捨離のコツ

在宅ワークが普及し始めて、断捨離を意識した人は少なくないと思います。

そんな中でも、モノを捨てたいのになかなか捨てられない方に向けてこの記事を書きます。

以前書いた記事でも少し話しましたが私はモノをたくさん持つのが苦手な性格なので、年に何回か断捨離をしています。

その際に、どういった基準でモノを捨てているか説明していきます。

モノを捨てるかどうかの決め手はたった1つ。
「去年使ったか使ってないか」です。

去年一度も使っていなければ捨てる。
一度でも使ったなら捨てない。

というルールで断捨離を行っています。

必要ならまた買い直せばいいのです。

こう言う発言をすると必ず、
「使うかもしれないのに捨てるなんてもったいない」と言う人が現れます。

モノを捨てられない人の典型ですね。

一年使ってないものをまた使うとしても、次使う頃には劣化していたり、最新バージョンが出たりします。

例えば、
服なら最新トレンドの服、家電ならより高機能の製品、本なら新しい情報の入った改訂版などです。

そう考えると、必ずしも「もったいない」とは言えないのではないでしょうか。

これは完全に私の偏見なのですが、
お金回りのいい人ほど家にモノが少なく洗練されてい
お金に余裕がない人ほど家にモノが多くごちゃごちゃしている印象があります

因果関係があるかは分かりませんが、実際に私の周りではこの傾向が強かったです。

この考えが正しければ、モノを最小限にできればお金回りが良くなるということになりますね

必要のないモノを捨てて、快適な環境を作りましょう。