その他

スケールする・しないビジネス

スケールする・しないビジネス

僕の経験からの話です。

ビジネスは、最初が肝心です。
最初の設計がそのまま後にまで影響します。
ビジネスモデルの変更は後ではできないと言う意味です。

家やビルが建ってしまった後に基礎を変えようと思ってもできないのと同じです。
木造の2階建ての基礎にはビルは建ちませんし、ビルの基礎に建てた家は過剰な投資でローンが大変でしょう。
何事も、適切な基礎、仕組みが必要と言うことです。

ビジネスでは最初に考えたビジネスモデルが後に影響をするわけです。
言っても最初に思った通りには進まないので、実際には常に心がけていることが必要です。

そこで、最近思ったことがあります。
それは、スケールするビジネスとスケールしないビジネスは最初から分かっていて決まっている。
と言うことです。

スケールするビジネスとは
フランチャイズの飲食店みたいにどんどん増えていくことが可能です。
コピーすることが可能とも言えます。

スケールしないビジネスとは
自分1人でやる職人
自分はコピーできないし、1人でやれる仕事量は限界があります。

よって、選ぶもので収入が決まります。

スケールするビジネスの方が収入が増やせる可能性がある。(あくまで可能性です。)
スケールしないビジネスの場合は、単価が高い方が収入が増やせる可能性がある。

スケールするビジネスの場合でも
よりスケールしやすいものと、しにくいものがあります。

100円ショップとこだわりの雑貨を扱うお店みたいなものです。

そしてこれが重要なのですが、
選んでそうなってしまったビジネスモデルは後からの変更はほぼ不可能です。
取引先、資金繰り、人の問題などでがんじがらめであるためです。

途中で多くの選択肢がある中から選んだ結果が今のビジネスであるわけです。
もし、これから始めようと言う人は、個々の判断の時に、長期的視野で考えてつらくても自分の理想とする方を選んで貫いてください。
そうすれば、そこにたどり着くでしょう。

なんにも考えないで乗ったタクシーはどこにも行きません。
あなたが行き先を決めるのです。
ビジネスもあなたが、指示して考えたところに行きます。